21work
どうも、こんにちは。
NOMAGA編集長の堀江です。

まず、ここでは「副業」ではなく、「複業」と書いていることをご注意ください。

僕の認識ですが、

  • 複業 → 本業の他に自分の好きな仕事や、やりがいを求める稼業を行うこと。
  • 副業 → 本業の他にお金を稼ぐために仕事を行うこと。

になります。この記事では「複業」についてお話していきます。

複業とは

独立や起業、フリーランスになって、自分の思うようなライフスタイルを送りたい!と思っていても、現実は家賃や食費、養育費など生活費を稼がないといけないですよね。親や奥さんなど家族の反対もあるでしょう。

多くの人が勘違いしているのですが、会社を辞めないと自分の好きなことをして稼げないのかというと、そうではありません。会社を辞めないで、好きな仕事をすることができます。

例えば、僕はコンサル会社に勤めながら、WebデザイナーとこのNOMAGAの活動を行っています。NOMAGAでは「メディアの運営」と「イベント」の開催をチームで行っており、一人でできないことを複数人で組むことによって実現することができています。

NOMAGAメンバーの複業

他のメンバーもNOMAGAの活動を行いながら

  • 印刷会社で働き、お茶農家のPR担当やイベントの企画・運営のサポート
  • メディア運営会社で働き、自身でブログの運営やアフィリエイトなど
  • カフェバーの経営、Webデザイナー、イベントの主催など

復数の仕事をこなしています。

周りの複業事情

他に、僕の周りには

  • 通販サイト会社で働き、個人でカメラマンとして活動
  • コワーキングスペースで働き、貼り絵作家として活動
  • 子育て・主婦業をこなし、イラストレーターとしてキャラクター製品の販売や雑誌のイラスト担当など

をやられている方もいます。

サラリーマンの方でしたら、アフター5や週末の休日を利用をする。
主婦業の方でしたら、お子さんが学校やご主人が会社に行っている昼間に。
現在、ハンドメイドなどの販売も流行ってますので、自分で作ったものをインターネットやガレージセールで販売するのも良いでしょう。

人生をかけて、転職や起業をする前に、複業で小さく始めてみませんか?

ライスワーク・ライクワーク・ライフワーク

先述で

  • 複業 → 本業の他に自分の好きな仕事や、やりがいを求める稼業を行うこと。

と説明しました。

ここでは、複業を細分化してみましょう。

  • 本業=ご飯(ライス)を食べるための仕事=ライスワーク
  • 好きな仕事・やりがいを求める稼業=ライフワーク
  • 仕事とプライベートと分けずに趣味のようにできる仕事=ライクワーク

と3つに分けられます。

ライスワーク

ごはんを食べるために働く仕事。
つまり、生活のために働く仕事のことをライスワークと言います。

多くの人が、このライスワークに当たる人だと思います。仕事をお金を稼ぐためだと割り切って、そのストレスを趣味や嗜好品で解消するという生活も少なくないでしょう。上手く生活の切り替えができる人、もしくは縛られている方が仕事がデキる人はライスワークが合っているでしょう。

ライフワーク

先述のライスワークは、仕事が嫌だと感じる人もいます。しかし、このライフワークは好きで、どんなことが会って優先してやってしまいたいと取り組む仕事です。

アーティストやデザイナー、カメラマンや漫画家など表現者が多いです。楽しくできる仕事ですので、ストレスもあまりありません。仕事で溜まったストレスを、また仕事で発散するようなサイクルになります。

ライクワーク

生活の一部となり、日常の習慣のようにできる仕事です。
オシャレが好きで、デザインを勉強しファッションデザイナーやスタイリストなった場合、このライクワークになります。

他にも小説が好きで編集者、インテリアが好きで雑貨屋や家具屋の仕事に就いたりと、好きを追求した結果として仕事になった時にライクワークとなります。

21世紀の働き方は合わせ技

今はどんな会社でも、いつ倒産するかわからない時代です。
定年後に年金がもらえるかも分からない。年金がもらえても、それで生活はできますでしょうか?

自分は大丈夫だろうと思っていても、40代50代にリストラになるかもしれません。予期せぬ自体で、突然仕事を失うことは珍しありません。そんなときに、会社以外の働き方を探しておく必要があります。

年金で生活なんてできないので、60歳と言わず70〜80歳となっても働かないといけない時代です。そこで、好きなことを仕事にしないと続きません。

しかも、60歳以上になってから下積みでは遅いので、若いうちから自分の方向性を見つけて、年老いても無理なく仕事ができるライフスタイルを計画しておきましょう。