nomacafe4_rpt

みなさん、こんにちは。NOMAGAの定期交流会「のまカフェ」担当の田中アユミです!
第4回のまカフェを、扇町にある コークリOSAKA様にて開催しました!
靴をぬいでゆったり過ごせる空間で、ゆる〜い空気をまといながら、ゲストトークと交流会の2本立ての2時間でした^^

「自分らしい働き方って何?」

のまカフェで初となるトークイベントを開催!これまでは、参加者同士で自身の仕事・働き方を語り合う場をメインに行っていました。第4回目を迎える今回は、モデルとなる人に、「どうしたら“自分らしく”働き出せたの?!」と聞く機会を作りたい!とゲストによるトークイベントを企画しました。

当日は、30代を中心にフリーランス、会社員などジャンル・男女を問わず集まって下さいました。どんな仕事をしていても、一度は悩む事なのかもしれないですね〜。

dsc_1579

今回は、エンターテイナーから野菜卸に転職された表木崇(うわぎたかし)さんと、ママさんフリーランスイラストレーターのなおちるさんをゲストにお招きしてこれまでの職を通して気づいた「自分の価値観」について語って頂きました!

dsc_1618

表木さんの「自分らしい働き方」

12年間 働いた職場からの転職

今年5月に転職され、安心安全の食を届ける食品卸業の会社で働かれています。
表木さんの前職は、関西にある某有名テーマパーク。
最初はアルバイトで、その後オーディションに合格し、エンターテイナーになられ、12年間お客さんに笑顔を届けておられました。当時のお写真も見させてもらいましたが、会場のお客さんも見たことあるようでした^^

dsc_1613

常に成長し続けたい

表木さんの転機は2回。まずは、3年目に新たなショーを担当されている時でした。
最初はショーの中でのお客さんとのやり取りに、疲労を感じることが多かったとのこと。

それが数ヶ月経ったある日から楽しくなったそうです。

それの理由は「自分の成長」と「お客さんの笑顔」。

ショーを重ねるうちに自分のものになっていく事が楽しく、またそれで目の前のお客さんが喜んでくれて、それに応えるようにまた練習に向かい…
常に前へ前へと仕事に取り組むようになられました。

平坦な日々ではなく、成長し続けることを自分が望んでいると、その時に気づいたそうです。

dsc_1607

自分を高められる環境

エンターテイナーとしての道を極めたいと思った表木さん、しかしだんだん組織の中で窮屈さを感じ始めました。高めていきたいと思う自分と、組織や周囲の仲間たちとの温度差があるように思ったそうです。

ここで自身の今後のキャリアプランを考え、本を読んだり、セミナーに参加したりと転職に向けた準備を始められました。

そんなある時、新たなショーに配属されて頑張ろうと思っていたところから、異なるショーに配置換えが言い渡されました。それも、過去に5年間担当していたショーです。

心の中に窮屈さを感じていましたが、この異動により、「転職活動」を本格的に始められるようになります。その転職活動で出逢ったのが、野菜の卸販売を行っている、現在お勤めの会社。私もエンターテイナーからなぜ野菜の卸?と思いました。

選ばれた理由は、企業理念と人
表木さんは、転職準備をされる中で、「地域課題」「食」に興味関心が強くなっていました。出会ったその会社は、野菜の卸売業を通して、社会課題の解決に取り組まれています。会社の理念と社員の皆さんの姿勢に、表木さんの成長意欲が刺激されたそうです。

「この環境の中で、成長していきたい!」

dsc_1610

今は経済や経営、社会のことを学ぶために本を読んだり、セミナーに参加されて学ぶことが楽しいそうです。成長意欲の高さがよく伝わります^^

自分の性格にあった環境にいて働く事の充実さを表木さんから感じました。
しんどい環境で頑張るより、自分の納得の行く環境に入れる方が無理なく日々を過ごせそうですね*

なおちるさんの「自分らしい働き方」

家族、子どもとの時間を大切にしたい

続いてのゲストは、ママさんイラストレーターなおちるさん。
ライフプランを考えた時に、結婚や子どものことを考える人もいるのではないでしょうか?なおちるさんも昨年10月に第一子を出産。
奥さん、ママであることと、「フリーランス」という働き方の関係性について語って下さいました。

dsc_1625

「好き」を仕事にする

小さい頃から絵を書くことが好きだったなおちるさん。就職活動になると、「グラフィックなら仕事になるかも」と専門学校に通い、グラフィックデザイナーとして広告代理店に就職されます。
グラフィックでは主にチラシ作成が仕事。
仕事の中で大きなチャンスが訪れます。それは、キャラクターデザインの案件でした。この時に「キャラクターデザインってどうやってするの?」とインターネットで調べた時に「イラストレーター」という職業があることを知られました。

「大好きなイラストを仕事に出来る!」

その時の出来事を話されるなおちるさんの目はキラキラ輝いていました。

dsc_1629

まわりはみんな、専業主婦。それがフリーランスを選んだきっかけ?!

調べていくと、イラストレーターには仕事をする繋がりが必要と知ったなおちるさん。「今の会社でコネを作り、イラストレーターを目指そう!」と決心されます。
しかしその思いと裏腹に、世界はリーマンショックへ。
会社の業績が悪化していく姿をみて、コネ作りだけでなくグラフィックデザイナーの仕事も手放して、事務職に転職されました。当時25歳。

転職後、当時お付き合いされていた方からプロポーズされて、めでたく結婚。
この結婚がきっかけとなり、今後のライフプランを改めて考えられたそうです。
出産、育児、生活費…今後どうするか、お母様や親しい友人など、数人に相談したそうです。
この時のなおちるさんの相談相手は全て「専業主婦」。「結婚したら会社に勤められないんだ・・・」と思ったとのこと。
今思うと、意見聞く幅が偏っていたな〜、となおちるさんも笑って話していました。

家族との時間は作りたい。でも専業主婦になるのは自分の性格に向いていないし、働きたい!と思ったなおちるさんが思い立った働き方は「フリーランス」。
ここからなおちるさんのフリーランスイラストレーターとしての活動が始まります。考えたり、行動したりするキッカケはなんでもありかもしれませんね^^

dsc_1632

「家族との時間を第一にする」ための手段が、フリーランス

プロのイラストレーターになるために学校に通い、晴れてフリーランスになったなおちるさん。雑誌の中に掲載するイラストや、スマホケース・バッグといった雑貨作成、イベントの開催など精力的に活動されます。

ここでさらなる転機が訪れます。2015年10月に第一子となる女の子の出産、そしてマイホームの購入です。子供と家のローンがある生活が始まりました。まだ駆け出しのフリーランスだったので、収入面を考えて会社勤めをするか悩んだそうです。この時のなおちるさんの思いは「家族・子供との時間を大切にしたい」そのために大好きなイラストでフリーランスとして頑張る決意をされたそうです。

今後はご自身の経験から、ママや、イラストレーターのお悩み解決や背中を押せるイラストを届けていきたいとのこと。ブログでもママの日常やあるあるネタを公開されているので、是非読んでみて下さい!

なおちるさんのblog

ゲストも交えた交流会

素敵なゲストによるトークの後は、参加者同士での交流会を開催!交流会では、趣向をこらしたお菓子をご用意させていただきました。 

まずは、京都府和束町にある「和束茶カフェ」で買った「ちゃこら」と「おからかりんとう」。和束町は宇治茶の主産地として、お茶文化の息づく町です。お茶を活かしたチョコとクッキーをご用意。

そしてもう1点、京都ぎょくろのごえん茶で買った「松風」。昔ながらの松風を京都で作る職人は林さんただ1人。販売店の京都ぎょくろのごえん茶は、「お茶が好き!」という思いから開かれたお店です。

img_20161126_113941

仕事は日常の多くの時間を占めます。だからこそ自分らしくこだわって働きたい。同じく日常で大きな意味をなす食。食べるものをこだわって選ぶもの自分らしい日々を創る手段ではないでしょうか^^

お菓子を食べながらみんなでわいわいと、今の仕事や、悩み、今後のどうしていきたいか、などを話しました。
「転職しようか悩んでいる」「結婚と仕事のバランスについて」「イラストレーターとして、今後のこんな事がしたい!」などなど、悩みが似ていたり、解決手段を誰かが知っていたりして、常に賑やかな声が続く交流会となりました!

nomacafe3

次回開催決定!

次回のまカフェは、2017年1月21日(土)に開催します!
働き方や仕事について「次のステップを踏み出したい」という方は是非ご参加ください!詳細はまたアップします^^

第4回のまカフェ 詳細

日時:2016年11月26日(土)10時30分〜12時30分(受付 10時15分〜)
参加費:1500円
参加者:12名

場所:サロンスペース – ビジネスサロン【コークリOSAKA】
住所:〒530-0035 大阪府大阪市北区末広町2-35 新扇橋ビル 5F
アクセス:
堺筋線 扇町駅 徒歩1分
JR環状線 天満駅 徒歩5分
JR東西線 大阪天満宮駅 徒歩6分
阪急線 梅田駅 徒歩16分
 webサイト